立派なという病

 経緯や原因はさておいて。

 私はひどく過激な目標を立てる癖がある。

 それは割りと病的なようで、何かやる時は「立派にやらなければ」「最高を目指さなければ」と思い込んでいる節が有る。

 ただまあ、そういう思考は多くの場合に有害だ。「最高」と考える時、大きく以下の問題が生じている。

 

・現実性や妥当性を除外しまともに考えていない

・最高以外の結果を失敗と考えている

 

 最高をというのは一見向上心があるように感じるが、実のところ考えるのが面倒だから使っている方便であることが多い。どうやら私の精神構造は細かいことを考えるのが嫌いらしい。結果として「よくわからないけど最高を目指す」という形となり、そもそもできるのか? それだけのことを目指す必要があるのか? そこまで時間を掛けられるのか? といった視点が抜けてしまう。

 実はこれは怠惰であると私は思う。怠惰は作業をやらないことだけでなく、考えないことも含まれると私は思う。私が考えないという怠惰をどこで学んだとか、誰の影響なのか、といったことはこの記事とは深く関係ないので書かない。

 また最高以外の結果を失敗と考えるというのも一種の怠惰だ。当然ながら常にベストの結果が出せるわけではない。外的・内的な要因により計画はほとんどがベストでない結果に終わる。だからどこまでできればまあ、許せるだろうというのを考えるのは当たり前といえば当たり前だ。

 マラソンを走る人は全て世界新記録を狙っているわけじゃない。あるいはそれで完全な健康体になるとかももくろんでいない。今の自分よりこれだけ早くなりたいとかそういった個別の合格ラインを引いてることがほとんどだろう。

 言い換えると、これも怠惰だ。自分の都合といったものを考えずにだれからも文句の言われない合格ラインを設定しようとする。

 

 

 共通することは「突っ込んで考えることを放棄している」という点だ。怠惰と書いたが、何らかの理由で頭が混乱するぐらい疲弊しているからという可能性もある。

 考える、それもしっかりとは見えない何かを想像で間を埋めていく。そういったことは大変だ。だからついそういうことを省いてしまう。向上心はもちろん大切なだろう。

だが、それで考えが停止してはいけない。そこを具体的に、突っ込んで考えなければいけない。それを考えない怠惰はやがて癖になる。思考も筋肉のように衰える。

 私の経験ではそれは地獄のような無力感に繋がる。そういった思考下では何をやっても不十分な出来と判断してしまう。失敗判定ばかり下してしまう。とても、とても息苦しい。それを覆すには前もって勝利条件、成功判定の条件を決めておくことだと思う。

 そして、そういった「最高」とかいう基準をあんまり考えずに押し付けてくる人の言葉を疑うことが大事だと思う。そういった人の考えない言動は、感染すると思う。

 

 最近、本当にこんなことを強く思っている。私もそうなのだろうが、人間は他人に対して割と適当なことをいうものだし。

自省 2017/08/07

父と昨日かなり険悪に。

どちらに非があるかは問題にしない。私が書くのだから私に有利に考えるに違いないから。

今日、父と会うと彼は私を無視した。私にだけは話しかけず、他の人には話しかける。

どこか覚えの有る行動だと思ったら、いわゆる思春期の子供がやるような反抗行動だということに行き着いた。

私から見て父は「温室育ち」だ。沢山苦労しただろうが、人間関係においてはぬるい世界で育った。小さな会社だが祖父の会社を引き継いでいる。だから彼は小さな頃から「社長の息子」でその後は「社長」だ。なので人間関係で苦労してないシチュエーションがたくさんある。そういった方面で彼はたびたび子供じみた行動を取るようだ。

 やったことがないからしょうがないといえばそうだ。

 

 ま、他にも自分の責任じゃないといいたいのだろう。私の異常は私だけか彼以外の人間のせいで、彼のせいではないと自分に言い聞かせているのだ。

 でもそれは彼だけではない。私も使わなければ筋肉のように対応力が目減りしていく。発達しない。

 

 大事なのはやることだ。一番駄目なのはやらずにリスクを取らないことだ。人は必ずどこかで失敗する。それは避けられない。それを打ち消すにはやってみて成功する数や質を上げることが必要だと思う。

 なにもしないのは、きっと悲惨になる時間を遅くするだけだ。何もしなければ人生の最後によりひどい結末になる。後ろ向きな考え方かも知れないが、キラキラ輝く世界を想像できない自分にはこのぐらいがちょうどいい。

睡眠とカフェイン大事

 睡眠を取らないと本当にイライラするなあと実感しました。医者に「もっと寝ろ」的な話をされて実際に寝たらまあ、びっくりするぐらい怒りの沸点が上昇しました。

 正確に言うとより健常者に近づいた的な感じです。まだまだ怒りっぽい部分などはあります。しかし確実にマシになっています。ひどい時だと、駅で前を歩く人がスマホ見てたらたら歩いていただけでもカッとなって居ましたから。今はまだそこまでいっていません。

 そしてカフェインも大事です。私は基本的に寝ぼけた状態に近いことがデフォルトなのですが、これをカフェインで無理やり覚醒させないとだらだらネットしたりぼんやりしたりしてしまいます。

 自分のこの症状を調べたり医者に聞いた限りでは発達障害とかそういう系統のアレになります。しかしながら、そういうのを調べるほどに精神疾患というのは確実にあるけれど詳細な把握というのは難しい世界だなあと感じるばかりです。

 なので個人的にはざっくり役立つ分類と考えています。実際に発達障害かもわからないし(薬もらってるけど)、原因がナンなのかもわからないけれど、とりあえず発達障害に役立つコツやら何やらが自分に役立つならいいやと。

 

 しかし我ながら過去の病的な時期を思い出すとぞっとします。なんとなく眠くなくて睡眠時間削ってやってたことが動画サイトで関連動画を渡り歩くとか、正気の沙汰じゃないです。医者が「電子ドラッグ的な」という表現を使っていたのが実感できます。

 それで過剰に眠かったらまだ良かったのでしょう。下手に眠くはないからパフォーマンスが落ちて判断力が鈍った中でひたすらそんな夜更かしを続けていました。摩耗すると合理的な行動ができなくなるのはどんな人も同じでしょうが、もう少し何か対策が取れていればマシな失敗になったと思います。

自省 2017/08/03

スケジュール調整でトラブった。

 

理由は私が精神的に病んでおり、言動で迷惑をかけたので信用されなくなったこと。

あと、指示を無視してコチラの出した案を尽く潰したやつがいたこと。大まかに開けとけといったのにがっつりスケジュール入れ込んでいた。

最後にレスポンスが悪かったこと。こちらが全体連絡出しているのに2日間無視した上で「無理です」とかアホかなあ。ちゃんと読んでいたのに無視するあたり悪質。

 

とはいえなんとかまとまったし、急ぎで処理すれば問題はないからいいか。

改善策はなし。私はメンタルの改善が必要では有るが、相手は変わらないだろう。重要なのは責任の所在をはっきりさせておくことだろう。信用できる行動をしない相手なので、最低限の義務を果たし相手の行動の責任をかぶらないように立ち回る必要がある。

ともかく寝よう

睡眠負債なんて言葉も登場するぐらいだし。

精神的なことは物理的に、物理的なことは精神的な面での変更をサポートにするのが良いような気がしたり。

行き過ぎるとろくなことがないけど、閉塞した状況に変化をつけるという意味では重要かも。

 

つまり、精神が荒むということにはよく寝るという面からアプローチすればいいのかなあと。どっちか一方だけで成立しているわけじゃないだろうし。

睡眠不足とまともな会話

生活に支障が出てきたのでメンタルクリニックへ。

明らかに睡眠不足が慢性化していると言われた。もともとの睡眠時間が短い上に、寝るギリギリまでPCを見ているので、大まかに考えて実際の睡眠時間はその半分程度と考えてもいいだろうと。

ということで一時的に薬を増やした上で、睡眠不足の解消に努めることになった。

 

そういう話をしていたら、すでに少し気が楽になった。あー、と複雑な気持ちになった。私はやっと久々にまともな会話をしていたんだと。

私が周囲とする会話の多くは相手を見下して自己を慰めるような、マウンティング的なものだ。

そういうものじゃない会話で少しだけまともな気持ちに慣れたのでは? 個人的にはそう思う。

 

 

細かいことだけども。

私の言葉を無視し、信用しないで否定する人がいる。母親のことだけれども。彼女は私の言葉をちゃんと聞く。聞いた上で、覚えていた上で自分が正しいと思ったことをする。

それが、たとえ私だけの問題であることでも。私はたまに「夕食は食べない(もしくは外で食べる)から用意しなくていいです」という連絡をする。その程度のこと、本人の好きにさせればいい。だけれども母はこの連絡を受けて、それを了承した上で夕食の準備をする。彼女は私の意思を欠片も尊重していないようだ。私は、そんな彼女が理解できないでいる。

これはとても小さなことだ。私が書き記すのもおかしいことかもしれない。だが、そんな小さなことさえ頑なに意思を無視する母がわからない。