読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/01/23 「私は悪くない」の考察

結論

 「私は悪くない」あるいは「あいつが悪い」。更にいうと他人が正しくないからイライラする。そういう時は精神的に参っているので、対策を取る必要がある。

 

 

本文

 他人が間違ったことをしている。特定の誰かが悪い。あるいは単に自分は悪くないと強く考える。こういう時、私の中で、あるいは周囲のそういう言動を取る人がどんな状況で他のどんな特徴があるかをしばらく観察してみた。

 どうもそういう時、心中にあるのは「自分を否定されたくない」という気持ちのようだ。言い換えると自分の価値が低い方へぐらつくようなときだ。

 そんな時、自分の正しさを確信する。誰かの過ちを確信するというのは一時的な自尊心の補給につながるようだ。

 たぶん、相対的なものだろう。自分は正しいので価値があがる。他人は間違っているから価値が下がる。だから私の価値はよりあがる。

 言い方は悪いが、とにもかくにも飢餓状態なので健康など考えずに適当にジャンクフードを食べるのに似ている。ひとまず「自尊心」という欲を満たすのが最優先なのだろう。

 しかし、それは一時的なもの。当然ながら自尊心がぐらつく原因はそのままなのだから。だからやがてまた同じような原因で自尊心がぐらつく。そして誰かを否定する。

 そうやって中毒のように他者が悪いを思い続ける。

 どうしてそんなふうになるのか。

 考えてみたが、結局のところ楽なのだ。努力はいらない時間もかからない。リスクや責任を取ることもない。短期的にはとても効率がいい心の安定化方法だ。

 うまく表現できないが、被害妄想が強い人ほどこれにすがってしまうことが多いように感じる。それはもしかしたら自尊心のぐらつくような嫌な思いを認識するのが重要でそれが事実であるかはそこまで重要でないからかもしれない。

 

 私の周囲にはそういう人が数人居る。私自身も精神状況が不安定なときなどはこの傾向が強くなる。

 今のところ解決策は明瞭ではない。ただ、疲労が与える影響は大きいと感じている。特に睡眠だ。寝ないとダメだ。