読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/02/06 気まぐれは罠

[概要]

「気まぐれ」というのは時に敵意や軽視から生じることもある。気まぐれをする相手の利害関係に関わる行為は少し慎重に。言葉を疑ったほうがいい。

 

[本文]

 あくまで個人的な偏見で、妄想地味た意見ですが。

 気まぐれな人というのは割りと「マイペース」なイメージが有ると思います。

 もちろん、そういった方もたくさんいます。穏やかな性格の人もいっぱい居ます。

 ですが、私の周りにはそういう人ばかりではない。私も気まぐれな時がありますが、それはマイペースから来ているわけではなかった。

 

 気まぐれというのは要するに「自分の意思でそれがうまくいくかダメになるかを左右できる」ということです。そしてその気まぐれに誰かが振り回される。

 これは相手を支配している状態に似ています。無論、気まぐれをすれば多くの場合、損失は自分に襲い掛かってきます。だけれども、相手を左右できるという「心理的な満足感」は残ります。

 言い換えると「自分がひどい目にあうけど、相手を心理的にぶん殴れる」ということです。

 想像してみて下さい。提出すべき書類などをなんとなくやり切れないことを相手に言ったらどんな顔をするか。少なくとも喜びはしません。ネガティブな感情を出します。そんなこと分かっています。殆どの人は。

 つまり、気まぐれな行動をする時、人はその結果をある程度推察できます。他人がどう思うか推察した上で気まぐれな行動をするんです。

 じゃあ、なんでそんなことをするのか。それは相手にネガティブな感情を与えたいという敵意やあるいそんなことどうでもいいという軽視です。

 無論、それ以外の理由もたくさんあるし、嬉しい気まぐれと言うのもあります。

 

 だから一般化はできませんが、そういうこともある。ぐらいには思っておいていいのではないでしょうか。

 

 そして、もし相手がそういう敵意などから気まぐれをする人だったならば。発言が気まぐれで実際の状況では真逆のことを言う、なんてことも考えられます。

 他人をぶん殴って気持ちよくなりたいという人間は他人が憎い、とは限りません。世の中には「自分を癒すために他人を傷つけて相対的な価値を上げたい」という人間が沢山いるし、追い詰められれば一時的にそうなってしまう人も居ます。

 そういう人にとって一度自分発言した言葉に反していても相手を攻撃できる自体が生じたらそれを利用したくなることも多い。

 だから気まぐれな人の寛容さは話半分に聞いたほうがいいです。人によっては平気で自分の記憶を改変します。あるいは自分の非を0として喜々として相手を攻撃します。

 

 もちろん、誰だって気まぐれをします。そしてそれが敵意からとは限りません。

 しかし、理由もなく都合の良い方向に進むと考えるよりは一応、悪くころんだときのことも考えたほうがマシな事が多いです。

 大抵の場合、人を心理的にぶん殴るのは癖になります。自分が変わることなく相対的な価値を高められるからです。だからぶん殴るための気まぐれをする人は繰り返しやります。そういう人にはちょっとだけ気をつけたほうがいい、という話です。