2017/02/06 追記 人を殴る時、ろくに考えたりしない

単なる自分用の覚書です。すべて。

 

[概要]

気まぐれで心理的に人をぶん殴る時、特に深く考えていない。半自動的。

 

[本文]

前回の続き。

人の気まぐれな行動、特に本人にデメリットがあるような選択をする時、その一部は相手への敵意があることもある。

その敵意は相手を心理的にぶん殴る(否定する)ことで自分の相対的な価値を高めて自分を慰めるため。というときもある。(仮定だらけだど)

じゃあ、その時にどこまで考えてそんな行動をするのか。たぶん、大抵の人は特に深く考えていない。殆どの人は、私も含めてデメリットのある気まぐれを行ったことがある。それも複数回。じゃあ、その時、敵意がメラメラだったか? そんなことはない。正直そこまで意識してない。

人を攻撃する時、悪意があるとは限らない。単にそのほうが気持ちいいから。そんな理由で攻撃することもある。

気まぐれなどの種類の攻撃、心理的にぶん殴る行為はあまり意識的な行動ではない。

端的にいうと、どういう経緯、目的があるかなんて自分でもそんなに考えない。ただ、「攻撃をすれば自分が気持ちいい」という入力と出力の関係を感覚的に把握しているのではないだろうか。だから細かなことは考えず、こうすれば気持ちいいからとりあえずやろう、ぐらいの気持ちで人を攻撃する。

ある意味で寝るときの姿勢と同じだ。こうするとなんか一番気持ちいいからそうする。自分の腰が悪いとか猫背だとかそういう理由や経緯までは考えない。

 

ひどいことをした方はあっさり忘れて軽く考える。されたほうは深く覚えている。それも似たような原理だ。

した方は気持ちいいのでやるだけ。深く考えない。なんとなくだから軽く見る。

された方は快ではなく不快で、気持ち悪さだけが残り理不尽さが強調される。

ある意味で攻撃的な行動というのは相手が憎いというより自分が可愛いからする行為なのかもしれない。

 

結局、深く考えずにやるから同じ気まぐれを繰り返す。だからその繰り返しで自分や周囲の人の攻撃性を少しだけ判断することができる。

 

[メモ]

最近、メンタルが歪んでいる気がするからこういう思考をするのか、と思うこともかなり。

ネガティブもほとほどが一番。